事業活動

 1.需要対策事業 

 フルードパワー産業の市場動向を把握し産業界の高度化等に貢献するための事業を、総需要委員会を中心に活動する。

        • 年・年度の油空圧機器の需要見通しを行い、関係者に配布する
        • フルードパワーに関する各種統計調査および需要動向調査等の実施する

2.国際交流事業

 新興国を含めた市場の一層のグローバル化に対応するため、各国の市場動向の把握するための事業を、国際委員会を中心に活動する。

        • 輸出入統計や海外統計の整備および海外市場動向関連並びに英文資料等の整備を行う
        • ハノーバメッセ・PTC-Asia等海外見本市への出展および視察団の派遣を行う
        • 海外企業からの照会・サービスおよび海外諸団体の受け入れを行う
        • フルードパワーに関する海外情報の収集・配布を行う

3.標準化委員会

 関連業界のグローバル化調達への対応や設計の簡素化・各産業界の合理化・高度化に貢献するために、大学関係有識者の協力を得て、標準化委員会を中心に活動する

(1)ISO対策事業

            • ISO規格回答原案(ISO/TC131、TC118)の検討審議を行う
            • ISO幹事国業務(ISO/TC131/SC7〔密封装置〕)を遂行する
            • 国際会議への関係者の派遣を行う

(2)規格事業

            • 現行JISの改廃の検討および新規JIS原案並びに改正原案の作成等を行う
            • 団体規格の改廃の検討および新規原案並びに改正原案の作成等を行う 

4.技術調査事業

 フルードパワー産業及び関連産業の高度化・合理化・省エネ化等に貢献するため、新技術情報や新製品情報の提供及び産学連携事業の推進を行うために、技術委員会を中心に活動する

(1)油圧事業・空気圧事業

          • 産学連携懇談会にて、フルードパワー学会との連携し産学連携のあり方の検討及び今後の技術動向について調査検討する
          • 若手油圧技術者懇談会を開催する
          • 小冊子「フルードパワーの世界」の追補版の発行、ポケットブックの普及など、技術広報を行う
          • ユーザ業界の動向を中心とした技術講演会を行う。

(2)水圧事業

水圧部会HP:PDF版

          • 水圧機器及び同システムの規格化、標準化等の諸活動を行う
          • 水圧技術のシンポジウムの開催等水圧技術の普及促進を行う

5.広報・PR事業

 フルードパワー産業及び関連産業の高度化に貢献するため、工業会活動等について会員企業、マスコミ・シンクタンク・金融機関等にも広く情報を提供するために、編集委員会を中心に活動を行う

          • 会員企業・学会および関連業界に関する各種の情報を関係者に提供するため、四半期毎に機関紙「フルードパワー」を発行する
          • 「月報フルードパワー」の配信
          • HPの運営管理により、最新の情報を提供する

6.中小企業関連事業

 グローバル化の進展に伴い中小企業も国際展開が求められ、また、経営者の世代交代も進んでくるなど、抱えている中小企業の様々な課題を検討するために、中小企業委員会を中心に活動を行う

          • 中小事業に共通する経営・技術・生産等に関する諸問題の解決方策について検討する
          • 講演会を開催するとともに、関連業界との交流を推進する
          • 経営者の世代交代に対応するため、次世代の経営を考える会を行う

7.振興対策等その他事業

 フルードパワー産業の魅力を十分に引き出し、内外の関係者にその価値、重要性を再認識してもらうために、見本市の開催や業界動向調査、団体保険制度の運営など、振興対策委員会、PL対策委員会を中心に活動を行う

(1)振興対策事業

          • IFPEXの開催と運営およびJIMTOF等への参加
          • 産機・建機合同部会及びシリンダ部会、空気圧本部会の実施

(2)PL対策事業

          • 海外PL及び国内CGLからなる団体総合保険制度の健全な運営を図る
          • 国内、海外PL情報はじめ、リスク情報を収集し会員に配布する

(3)その他事業

          • 官公庁や関連団体等からの各種調査依頼などへの対応
          • 支部活動の支援 等